黙々と

スクリーンショット 2018-09-19 8.13.26.png

後ろ姿がなんとも不思議な感じに描けたと思ったもの。

しかし、加納の手が落ち着いてない。

広告
黙々と はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 漫画

9話目投稿

新選組の漫画「かるら〜杯中の蛇影〜」9話目を投稿しました。

正座して「押し問答」ばかりしている。

師には、もっとアクションを入れなさいと言われていたけど、結局こうなる。アドベンチャーゲームにして会話イベントにしまくっていた方が性に合うんかもしれん。

あえて漫画でやるという謎。拳では語り合わない人物同士の会話なのだよ、と言い訳。

9.jpg

備忘録

「アイデアは天から降ってくるのさ」と言って、努力も何もしていないように装うのがカッコいいのかもしれませんが、天から授かるために「身を清める日課」をせねばならないものと考えます。

「無知の知」

自分は無知なので恥ずかし限りですが、日々精進です。備忘録というもので自分自身の脳みそを刺激しようと思います。

「再夢紀事」(さいむきじ)

中根雪江(越前藩士)が、松平慶永の国事のことを記す。

「続再夢紀事」(ぞくさいむきじ)全22巻

文久2(1862)年4月〜慶応3(1867)年10月までの歴史書。明治23(1890)年、元福井藩17代藩主松平茂昭が、養父である先代慶永の業績を残すため、旧臣村田氏寿、佐々木千尋らに命じて執筆。

「水戶藩黨爭始末」

「史籍雑纂」第4に収録(明治45年)されている。

胸と目頭が熱くなる。

備忘録 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 備忘録

近藤勇

近年の歴史考察では、近藤派・芹沢派という解釈が変わってきている気がする。
よかった。

昔は悪役として描かれていた新選組。

今も昔も、組織で一部の人間が不祥事をすると
全体が悪とされ、犠牲になる。つらいね。

おだやかな表情が描けた。
なまじ優しいと苦労する、そんな近藤さんを表現していきたい。
スクリーンショット 2018-08-23 0.33.55.png