未来は明るい

若者の未来に希望がない、という記事を目にしていたけど、自分はそうでもないと思う。

一人一人が声を上げて、SNSでそれに共感し、改善せざる得ない空気となっていく。

私には食物アレルギーがあり、小学校の頃は食べるまで帰らせてもらえなかった。その食べ物は嫌いではないが、食べたら唇や喉が腫れる。仕方なく、こっそり捨てていた。

今はアレルギーだからと言えば、食べなくてもいいのだ。ワガママだと言われない世の中になった。

念のため記すると、食物アレルギーは、食べず嫌いとは違う。むしろ、美味しいとおもうし、食べすぎた結果、途中からアレルギーになることもある。

制服のスカートの下に防寒でジャージは駄目。タイツ履いても寒いのは寒い。冷やして病気になった子もいた。スカート履きたくない女子もいるのに。

現在、ズボン履いてOKなところが出てきた。早く変わって欲しい。

「変だ!」と声を上げても以前より、ワガママ、自分勝手と言われなくなったと思う。

まだまだ変なところはいっぱいあるけど、昔より良い方向に変化している。

そのうち、スマホを授業中使用当たり前にできるようになればいいな。便利なら使えばいい。変な使い方するのは、その個人の問題だ。個人のなんらかの問題解決のキッカケになる。

広告
未来は明るい はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 雑記

漫画8話目投稿

漫画8話目投稿しました。

モノローグ(脳内セリフ)無しで表現していますが、結局は読みやすくて面白ければ、何でもよいはずだった。

漫画8話目投稿 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 雑記

不思議の国のアリス症候群

自分では、皆がそうなると思ってたけど
そうでもないんだなー。

子供のときから、目が疲れてくると見えるものがぎゅううぅううっと絞られて極小になる。
ドアに付いてる覗き穴みたいに見える。
小視症というのかな。

寝れば治った。寝ないと治らない。

大人になってからも、なったかな〜?覚えがない、忘れてるのかな。

不思議の国のアリス症候群 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 雑記

ひたすら描く

スクリーンショット 2018-07-04 16.31.12.png

変顔だったら、いくらでも描くのにぃ。

 行儀の良い局長と斉藤の会話のエピソードだから、
ひたすら正座を何度も描く。
必死に何かしらの画面変化をつけていく(苦笑)
あーもーっ、毎週発表したいさー!

死人(しびと)なのにトリックスター

描いている漫画。
芹沢さん、すでに亡くなっている状態でのスタート。

亡くなってもなお、影響を及ぼすほどの存在感。トリックスターの立ち位置。
死によって、その人物は「消える」ものではないと思っています。
偉大であれば、生きていたときよりも強く、永く周りに影響を与えるものではないでしょうか。

自分にとって、とても描きやすいキャラ。
脳内でどんどん動いて物語が膨らんでしまうので、作画が追いつきません。

スクリーンショット 2018-07-04 13.35.57.png

低血圧

健康診断で血圧測ったら、上が100いっていなかった。

疲れやすいし、頭痛もたまにある。

改善方法が「塩分をとり、ナトリウムを含んだ食品を少し控える」
高血圧の方の逆の方法。

確かに、素材の味が好きなので、薄味だった。塩分ちょっと足りないのかも。
ああ、カリウム含んだ野菜好きだ…。
改善してみる。

血液検査等の結果が出るのは一ヶ月後。
数年検査してなかったので、どうなることやら。

現代は、何らかの改善方法が導き出せるからスゴイ。

低血圧 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 雑記

祖母の友だちの霊能者

父方の祖母の友だちで、霊能者Aさんがいた。

私が小学生のとき、祖母は亡くなった。

火葬場に、Aさんも来てくれた。

崩れ落ちるように泣いてくださった。

小学生だった自分には、死の悲しみの意味が理解できなかったけど、今ではすぐにでも涙が出るほど理解している。

Aさんは、きっと修行されていて、あの世この世の摂理は心得ているのだろうけど、泣いてくださった。

その出来事は、印象深くてずっと覚えている。

自分は、正夢を頻繁にみた時期があり、現実の行動の選択を楽しんだ。

母方は信心深い。その血を受け継ぎ、スピリチュアルなことに、抵抗がない。

信じない人は、その人に設定された世界観には存在していない、或いは、まだ存在していないの理解できないのはで仕方がない。当然のことだ。

だから「変なの、ははは」で流してくれればいい。

祖母の友だちの霊能者 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 雑記